妊娠に向けての準備

病院

利用目的とは

大阪の病院で行われている体外受精には、顕微授精という顕微鏡を使用しながら行うやり方があります。大阪の病院で行う顕微授精に関しては、卵子の内部にひとつの精子を注入するやり方で行い、細めの針を用いて体外受精させます。受精障害を持っている方や、精子の機能が衰えている方が、体外受精の成功率をアップさせることを目的として、顕微授精を利用するのが一般的です。そして、大阪の病院で行われる体外受精の顕微授精については、メインとして、男性が利用する治療となっています。一方、女性の場合ですと、卵子の透明体が茶色みを帯びていたり、かたさがあったりするなどの際に利用されています。ちなみに、精子を卵子にふりかけ受精させるやり方ですが、その名前はコンベンショナル体外受精という名前です。ただし、このやり方に関しては、活発な精子を多く使用しなければならないため、精子の数があまりない方の場合、成功する確率が下がってしまいます。それはなぜかというと、卵子の内部に精子が突き進むためには、卵子の透明体を突破しなければならないので、いくらか多めの精子が必要になります。この透明体を突破するためには、よりたくさんの精子の酵素が必要となり、ある程度の精子がなければ、受精することはほとんどないでしょう。また、不妊治療というのは、男性が問題を抱えている場合が大半で、薬を使用しても、精子の問題をなくすのが困難なケースもあります。そこで、顕微授精であれば、薬を使用するよりも妊娠しやすくなるというわけです。したがって、大阪の病院で行われている顕微授精に関しては、通常男性に問題がある場合に多く利用されています。

Copyright© 2018 マカの情報をチェック【カップルでトライできちゃう】 All Rights Reserved.